tag_head.gif
SELECTED ENTRIES
tag_foot.gif
tag_head.gif
ARCHIVES
tag_foot.gif
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
tag_head.gif
MOBILE
tag_foot.gif
qrcode
tag_head.gif
LINKS
tag_foot.gif
tag_head.gif
PROFILE
tag_foot.gif
本流イワナ

_6190278-2.jpg
ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6
昨日の天気予報によると、今日からまとまった雨が降るとの予報。恐らくこの雨で天竜川本流は濁ってしまうだろうが、ここ数年の天竜川は一度濁るとなかなか綺麗にならない。そんな状況を考え濁りがきつくなって釣りが難しくなる前にと、あわてて早朝の仕事前の短時間だけ天竜川本流域へ釣行してみた。実のところ天竜本流は先週末より濁りが入っており、濁りがわずかに薄くなっている支流との出合いの場所を釣行ポイントとして選んだ。
空は今にも雨が降り出しそうな厚い雲に覆われ、日の出時刻を過ぎてもなかなか明るくならない中、流れ込みの際をミノーで引いてくるといきなりヒット。魚とのやりとりを楽しんでキャッチしてみると34cmの太ったニッコウ系のイワナであった。本流イワナとしてはサイズは多少もの足りないが、鮎や小魚を食べているのか胴周りは膨れあがり、本流イワナによく見られる背中が盛り上がったコンディションの良い魚体であった。

TACKLE
HUMP CORPORATION SGS-60
01STELLA2500FW
HUMP バルサ hira70S
ANRES AX-63S

続きを読む >>
2013.06.19 Wednesday | 16:40 | 放流種イワナ
伊那山脈水系ニッコウイワナの渓へ
_5060042.jpg
OLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6
年度末から仕事が忙しくちょうど二ヶ月ぶりに早朝だけ釣行。この日は近場の伊那山脈水系のニッコウイワナが棲む渓へ行ってきた。伊那山脈はこの辺りでは標高の低い山脈であり、アマゴ域に当たるが、上流の僅かな流域はイワナ域になる。夏場は水温が高くなるため、4月から5月辺りがイワナ釣りに適している。写真は9寸ちょいのニッコウイワナ。
TACKLE
SMITH TRBX-53MTH
Daiwa EXIST2508 RCS2506スプール
HUMP バルサ FAT 55S
HUMP ハング FAT55F
続きを読む >>
2012.05.06 Sunday | 11:38 | 放流種イワナ
台風後
_9100035.jpg
OLYMPUS E-410 ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 MACRO
国内で平成になってから記録的な被害をもたらした台風12号(被災された方々には心からお見舞い申し上げます)
ここ南信地域でも特に南信濃では大雨に見舞われ、林道が崩落したり川も荒れたりと被害があった。
この日は南アルプス水系の地元河川の様子見に午前中だけ釣行してみた。
台風では幸いこの水系は大きな被害は無かったようで、濁りや水量もこの時期の平水より多かったが稚魚放流から大きくなった23cm〜26cm程度のニッコウ系イワナが顔を見せてくれた。

TACKLE
TENRYU CD50L-4 特注ファーストテーパー
Daiwa EXIST2508 RCS2506スプール
T-Craft StagMode 27TDN-C
HUMP バルサ FAT 55S
HUMP バルサ HIRA 55S
RayTune バルサ TT50TF
RayTune Performance Replica 5001TD
続きを読む >>
2011.09.10 Saturday | 21:48 | 放流種イワナ
ヤマトイワナ調査
 _7250027.jpg
OLYMPUS E-410 ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6
この日の源流釣行は以前より目を付けていた沢であり、この地方の在来種であるヤマトイワナが生息していないか調査を兼ねての釣行であった。午後からの入渓と、あまり気合いが入った釣行とは言えなかったが予想通りここ何年も人が入った形跡は一切無かった。標高1000mより入渓し約3時間調査釣りしながら1200m付近まで釣行してみたが、釣れる魚は過去稚魚放流されたと思われるニッコウイワナであった。上の写真のイワナは今釣行の最大魚である9寸ちょいのニッコウイワナ。
TACKLE
TENRYU CR47-5 sic T-Craft 花梨 WoodSpacer
Daiwa EXIST2508 RCS2506スプール
T-Craft StagMode 27TDN-C
TACKLE HOUSE Buffet 55SD
ANRES AX-50S
HUMP バルサ FAT50S
続きを読む >>
2010.07.25 Sunday | 21:22 | 放流種イワナ
伊那山脈と南アルプスの間の河川
 _6250033.jpg
OLYMPUS E-410 ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 MACRO
関東甲信越地方も梅雨入りしたが、意外と雨が降らず早朝だけ伊那山脈と南アルプスの間を流れる河川へ釣行。多少笹濁りの水況の中、8寸ちょいのニッコウイワナに出会えた。
TACKLE
SMITH TRBX-53MTH
Daiwa EXIST2508 RCS2506スプール
T-Craft StagMode 27TDN-C
ANRES AX-50S
続きを読む >>
2010.06.25 Friday | 20:03 | 放流種イワナ
夕まずめのニッコウ
 夕まずめのニッコウ01
OLYMPUS E-410 ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 MACRO
過去の写真になるが4月25日にホームグラウンドである南アルプス水系のとある河川へ夕まずめだけ釣行し9寸程のニッコウイワナに出会えた。今回はとある理由があり、いつもと違うミノーを違ったメソッドを使ってキャッチし、ミノーを入れた上の写真のようなコマーシャル的撮影をしてみた。
TACKLE
SMITH TRBX-53MTH
Daiwa EXIST2508 RCS2506スプール
T-Craft StagMode 27TDN-C
Skagit Designs old Chipminnow 40S
続きを読む >>
2010.05.31 Monday | 19:47 | 放流種イワナ
ニッコウイワナの渓へ
南アルプス水系ニッコウ01
OLYMPUS E-410 ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 MACRO
ここ最近の異常な冷え込みで魚の活性も低い状態が続いているようだが、土日と日中が晴天に恵まれ、日曜日の午後から地元の南アルプス水系のニッコウイワナの渓へ釣行してきた。南アルプス水系ニッコウ02
OLYMPUS E-410 ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 MACRO
今回入渓したこの河川のある区間はあまり人に知られていない場所で、稚魚放流から育ったニッコウイワナが数多く生息しており、人があまり入っていないせいか過去、尺上イワナが点の釣りで底から反転食いをするスリリングな釣りが楽しめる場所であった。ただ今回は二年ぶりに訪れた事もあり以前と様子が変わっているか確認をする意味合いが強い釣行であった。
SMITH TRBX-53MTH
Daiwa EXIST2508 RCS2506スプール
T-Craft StagMode 27TDN-C
ANRES AX-50S
TACKLE HOUSE Buffet 55SD
RayTune バルサ TT50TF FAT
HUMP バルサ FAT50S
続きを読む >>
2010.04.25 Sunday | 20:26 | 放流種イワナ
遠山川にて
遠山のニッコウイワナ01
OLYMPUS E-410 ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 MACRO
ちょうど午後から仕事がぽっかり空いたので、小雨が降る中ではあったが遠山水系へ釣行へ行ってきた。水況も悪くなく、それなりに魚が釣れ楽しめたのであるが、少し気に掛かったのが上の写真のイワナである。
SMITH TRBX-53MTH
Daiwa EXIST2508 RCS2506スプール
T-Craft StagMode 27TDN-C
TACKLE HOUSE Buffet 43SD
TACKLE HOUSE Buffet 55SD
ANRES AX-50S
続きを読む >>
2010.04.20 Tuesday | 21:51 | 放流種イワナ
三年振りに訪れた川
 南アルプス水系ニッコウ1
OLYMPUS E-410 ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 MACRO
8月に入り連日降り続いた雨がようやく上がって、本格的に夏の気配が感じられたこの日の夕方、3年ぶりに南アルプス水系のとある渓流を訪れた。
晴れ間が見えたと言っても相変わらず濁りもきつく水量も多すぎて、ベストコンディションにはほど遠い河川状況であったが、濁りの薄くなりやすい上流域のポイントへ入渓した。ちなみにこの渓流のこのポイントは3年前の5月に老齢な50cmupのニッコウイワナを釣り上げた思い出のポイントである。
入渓してまもなく、7寸ほどのニッコウイワナを何本か釣り上げた後、最後の大場所の淵で8寸ほどのニッコウイワナに出会えた。
TACKLE
TENRYU CD50L-4 特注ファーストテーパー
Daiwa EXIST2508 RCS2506スプール
TACKLE HOUSE Buffet 55SD ウエイトチューン
ANRES AX-50S

続きを読む >>
2009.08.01 Saturday | 22:08 | 放流種イワナ
夕まづめのニッコウイワナ
 南アルプス水系ニッコウ2
OLYMPUS E-410 ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 MACRO
もう7月も終わりになるが、6月に梅雨入りしてからここまで雨のとぎれる日がほとんど無く、まともに釣行をしていない。関東甲信越地方は7月中旬に梅雨明けしたはずなのに、まるで梅雨明けしていないような天候だ。それでも雨上がりの夕方南アルプス水系のとある渓流の様子を見に行った。各河川は茶色く濁り、行く道中も落石跡があったりトンネル内で水がしみ出ていて、山の保水力を超えているように感じた。そんな中、過去の経験から濁りが引きやすい河川へ入渓して何匹かの小振りなニッコウイワナに出会えた。
TACKLE
TENRYU CD50L-4 特注ファーストテーパー
Daiwa EXIST2508 RCS2506スプール
TACKLE HOUSE Buffet 55SD ウエイトチューン

続きを読む >>
2009.07.30 Thursday | 22:05 | 放流種イワナ
小さな沢のニッコウ
 小さな沢のニッコウ1
OLYMPUS E-410 ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 MACRO
関東甲信越地方も梅雨明けになったようだが、何故か相変わらず雨の日が多い。おかげで地元の本流、渓流共に濁りがひどく、あまり釣りにならない。比較的濁りが引きやすい源流もこれだけ雨の日が続くと土砂崩落や足場が緩くなっている危険性があり、ここ最近は釣行を避けてきた。そんな中、過去の経験上比較的安全と思われる小さな沢へ釣行し、とある淵で三匹のかわいいニッコウイワナに出会えた。濁りが薄くなり始めたタイミングで魚の活性は高く、サイズはともかく、久しぶりの釣行を楽しむ事が出来た。
TACKLE
TENRYU CD50L-4 特注ファーストテーパー
Daiwa EXIST2508 RCS2506スプール
ANRES AX-50S


続きを読む >>
2009.07.20 Monday | 20:15 | 放流種イワナ
南アルプス水系のニッコウイワナ
 南アルプス水系のニッコウ系イワナ
OLYMPUS E-410 ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 MACRO
ちょうど一週間ぶりに雨が降らなかった土曜日。仕事を終えた後、河川状況を見るついでに夕まづめ、少しだけ南アルプス水系の河川に入系してみた。多くの河川は連日の降雨で増水し濁りもきつかったが、そんな中かわいげなニッコウイワナに出会えた。どちらのイワナも同じ淵から釣れたイワナだが、ちょうどそばにあった岩のポットに溜まった水に入れて上から撮影をしてみた。左のイワナは砂をかぶって分かりにくいが、右のイワナの背中を見ると、頭部の所が若干虫食い斑点が薄く、ほんのりと大きな斑文が確認できる。これらのイワナはほとんどニッコウイワナと言って良いが、少しだけこの地域の在来種イワナの血を引いている趣がある。
TACKLE
TENRYU CD50L-4 特注ファーストテーパー
Daiwa EXIST2508 RCS2506スプール
ANRES AX-50S
2009.07.11 Saturday | 19:57 | 放流種イワナ
梅雨の合間の晴れた日に
 南アルプス水系ニッコウ
OLYMPUS E-410 ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 MACRO
先月末から梅雨時らしい天候が続き、本流、渓流共にあまり水境が良くないが、久しぶりに晴れ間が見えたのでホームグラウンドの南アルプス水系の渓流へ短時間釣行してきた。
水量も多く濁りが薄くなり始めた時間帯で、魚の活性も高く、5本のニッコウイワナに出会えたが、どの魚もお腹周りがパンパンに膨れており、荒食いをした後が伺えた。
TACKLE
TENRYU CD50L-4 特注ファーストテーパー
Daiwa EXIST2508 RCS2506スプール
HUMP バルサ HIRA60S

2009.07.04 Saturday | 21:06 | 放流種イワナ
天竜本流イワナの尾鰭
 天竜本流ニッコウ1
OLYMPUS E-410 ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 MACRO
この日出会った下伊那天竜本流ニッコウイワナの尾鰭。夕日に映し出されて紫色に輝き美しい。
天竜本流ニッコウ3
OLYMPUS E-410 ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6
サイズは38cm弱。新しい本流ネットに見合うグッドコンディションのイワナであった。
天竜本流ニッコウ2
OLYMPUS E-410 ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6
顔つきはまさにフィッシュイータの獰猛さが現れている。押しが強い瀬の中でのやりとりで、不覚にもランディング手前で魚体へラインが捲かれ、ラインの跡を魚体に残してしまった。
TACKLE
HUMP CORPORATION SGS-60
01STELLA FW2500
HUMP バルサ FAT70S
T-Craft StagMode 4012TDN






続きを読む >>
2009.05.03 Sunday | 20:45 | 放流種イワナ
木曽水系のニッコウイワナ
 木曽ニッコウイワナ1
OLYMPUS E-410 ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 MACRO
連休中は仕事のため、ほとんど釣行に行けそうも無いため、仕事上がりの夕まづめだけ、木曽水系のとある渓流へ釣行。先日の雨の影響か水量も多く、流れの押しの強い中、体高があるグッドコンディションのニッコウイワナに出会えた。
木曽ニッコウイワナ2
OLYMPUS E-410 ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 MACRO
サイズ的には泣尺程度であったが引きも悪くなく、久々に押しの強い流れの中でミノーをコントロールしヒットさせる楽しさを満喫した。
TACKLE
HUMP CORPORATION SGS-60
01STELLA FW2500
続きを読む >>
2009.04.28 Tuesday | 21:58 | 放流種イワナ