tag_head.gif
SELECTED ENTRIES
tag_foot.gif
tag_head.gif
ARCHIVES
tag_foot.gif
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
tag_head.gif
MOBILE
tag_foot.gif
qrcode
tag_head.gif
LINKS
tag_foot.gif
tag_head.gif
PROFILE
tag_foot.gif
遠山アマゴの色彩

_6100028.jpg

ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6
遠山水系はヤマトイワナの生息する河川として有名だが、地元の釣り人の中には遠山水系特有の、水量があり押しの強い流れに育まれるセッパリアマゴが本命魚と考える人がいる。かく言う自分もこの時期から源流に入る梅雨明けまでと、8月末アマゴの産卵前の荒食い時はコンディションの良いアマゴを追い求めて入渓する場合が多い。

 

TACKLE
HUMP CORPORATION SGS-60
01STELLA2500FW

HUMP ハング FAT 55S

HUMP ハング FAT 55F
Angler's Republic BT-53S

Angler's AX-50HW

Angler's AX-50

続きを読む >>
2017.06.10 Saturday | 22:05 | アマゴ
久しぶりの遠山
_6250087-01.jpg
ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6
久しぶりの遠山釣行。実は渓流に入るのも今シーズン初。5月から6月初旬は本流魚を狙い、5月連休明けに浜松天竜に一度サツキ釣りに行ったがウグイ2本と空振り。(それでも40upのウグイだったので、まあ楽しませてもらったかな?)また、地元の下伊那天竜に入ってもアマゴ、イワナにはめぐり逢えずイマイチな状態が続いていたところに本格的な梅雨で本流は濁りぎみ。そこで気分転換で遠山のアマゴ狙いに切り替えてみた。
上の写真は朝イチに出た遠山水系の7尺程のアマゴ。日の出前の写真のため暗い写真になっている。魚体はハイシーズンらしく体高もあり捕食活動も盛んなようでお腹がぷっくり膨らんでいる。
_6250094-01.jpg
ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6
今日が昇ってから出たアマゴ。サイズは8寸を切れたくらい。水況は昨夜南アルプスの奥で雷雨があったみたいで笹濁り状態、早朝は魚の活性も悪くなかったと思う。出方はどちらのアマゴも対岸の沈み石のある良い流れの上流へへアップクロスでキャスト。そのまま泳層をキープさせながらアクションを加えつつ流れに添わせてミノーを引いてきたら、沈み石が連続する辺りでアマゴが喰い上げてきた。ヒットした後は下流に向かって自分が下りながら流芯を越えキャッチした。どちらのアマゴも良い出方だったと思う。

TACKLE
HUMP CORPORATION SGS-60
01STELLA2500FW

HUMP バルサ HIRA 55S
Angler's Republic BT-53S

Angler's AX-50HW
続きを読む >>
2015.06.26 Friday | 11:21 | アマゴ
雷雨の後

_719016201-1.jpg
FUJINON SUPER EBC XF 18-55mmF2.8-4  R LM OIS
関東甲信越地方も7月22日に梅雨明けとなった。平年と比べる梅雨明け時期はとそれほど変わらないが、6月の降水量は観測史上最小、7月は南信地域でも木曽南木曽町は局地的な豪雨に見舞われ土石流災害も発生したが、飯田下伊那地方は空梅雨のまま梅雨明けを迎えた。
梅雨明後の7月25日は南信濃でも37.9度と、この地域にしてはここ最近記憶にない猛暑で各河川も渇水状態。ただ、近年よく言われるゲリラ豪雨には見舞われることが無かったせいか、6月7月のアマゴの生育状況は良かったようで、釣れるアマゴの型は良いと聞いていた。
そんな中、仕事の都合もあり中々釣行出来ずにいる自分であったが、この日昼前後に雷雨が有りアマゴの活性が上がったのではという読みで、遠山水系のある支流へ短時間だけ釣行。
雷雨後の気温が下がった中、入系して最初に上の写真のアマゴに出会えた。サイズは9寸を切れたくらい。大石が連続して撮影に適する場所が無く流水の中で無理して撮影したが、逆に夏らしい涼感ある写真になったよう思う。アマゴ自体は尾鰭も大きく体高もあって顔つきも少し厳ついカッコイイ遠山夏アマゴであった。

TACKLE
HUMP CORPORATION SGS-60
01STELLA2500FW
T-Craft StagMode 27TDN-C
RayTune Phase type2 50S イワナ
Angler's Republic BT-53S

続きを読む >>
2014.07.27 Sunday | 21:01 | アマゴ
夕まづめの遠山アマゴ
_DSF081701.jpg
FUJINON SUPER EBC XF 18-55mmF2.8-4  R LM OIS
本来であれば5月は天竜河口域のサツキ釣行に熱を上げるのであるが、今年は仕事やその他諸々と忙しく釣行そのものが出来ずにいる。そんな中この日の午後、たまたま遠山方面に仕事の打ち合わせがあり、仕事帰りの夕まづめの小一時間だけ遠山川の支流で竿を出してみた。
小型のアマゴに遊ばれた後、7寸程の交配種イワナを一尾上げ、最後に8寸超えの悪くない型のアマゴに出会えた。写真は夕まづめの光量不足で高感度撮影。

TACKLE
HUMP CORPORATION SGS-60
01STELLA2500FW
T-Craft StagMode 27TDN-C
RayTune Phase type2 50S イワナ
続きを読む >>
2014.05.28 Wednesday | 23:31 | アマゴ
下伊那天竜のアマゴ
_DSF056001.jpg
FUJINON SUPER EBC XF 18-55mmF2.8-4  R LM OIS
毎年の事だが年度末から仕事が詰まり3月4月はなかなか釣りに行けないが、この日たまたま電柱工事で我が家が停電となり仕事にならないので、停電時間中だけ地元の天竜本流へ釣行。
竿を振るのも約二ヶ月ぶり、流れのあるところで釣りをするのは今シーズン初という状況であったが、運良く二尾のアマゴに出会えた。サイズはどちらも8寸程度と本流魚としては物足らない大きさであったが、天気の良い中、久しぶりに流れある場所で魚の感触を楽しむ事が出来た。

TACKLE
HUMP CORPORATION SGS-68
07STELLA2500 F8スプール

ANRES AX-63S
続きを読む >>
2014.05.07 Wednesday | 21:14 | アマゴ
夕まづめの遠山アマゴ

8月は連日の猛暑で最高気温が35度を超える日が多い南信濃だったが、24日の降雨以降最高気温は30度を切り、急に9月中旬のような気候に変わった。
渇水だった遠山水系の各河川も久しぶりの降雨で増水し濁りが入った。ただ24日の雨は短時間に集中的な降雨だったため、雨水が地盤に浸透せず表土が洗われた状態で河川も一気に茶色濁りとなり、山も浮き石が出たりして源流域はちょっと危険な状態と予想された。
そのため、この日は沢を避けて夕まづめだけ遠山川本流域にアマゴ狙いで入ってみた。
_8280248.jpg
ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6
写真は今シーズン一番の良型29cmのアマゴ。大石が連続する厚い流れのポイントから狙い通り出てくれた。夕方でだいぶ辺りが暗くなっており光量不足でストロボ撮影。

TACKLE
HUMP CORPORATION SGS-60
01STELLA2500FW
T-Craft StagMode 27TDN-C
HUMP バルサ HIRA 55S
RayTune Phase type2 50S
Angler's Republic BT-53S

続きを読む >>
2013.08.28 Wednesday | 21:14 | アマゴ
遠山本流域と支流のアマゴ

_7190072-1.jpg
ZUIKO DIGITAL 25mm F2.8
この休日、久しぶりにZUIKO DIGITAL 25mmを持ち出して遠山本流域へアマゴ釣行に行ってきた。前々日の降雨によりアマゴの活性が上がっていると踏んでいたが、海の日の連休前の釣行に比べると、意外と反応が鈍かったように感じた。やはり連休後のプレッシャーもあったろうし、連休時にだいぶ魚が抜かれたという話を聞いたので、その影響もあったかも知れない。
写真はこの日出会った中で一番良サイズだった9寸程のアマゴ。

TACKLE
HUMP CORPORATION SGS-60
01STELLA2500FW
HUMP CORPORATION バルサhira55S
Angler's Republic BT-53S
RayTune Phase type2 50S

続きを読む >>
2013.07.20 Saturday | 23:17 | アマゴ
遠山本流の夏アマゴ

_7130020-1.jpg
ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6
関東甲信越地方の梅雨明けが7月6日に発表された。平年より15日も早い梅雨明けだそうで、ここ最近猛暑日が続いており、気分的には源流域にでも涼みに行きたいところであったが、今年はまともにアマゴの顔を見ていないので、連休初日の早朝だけ遠山本流域にアマゴ釣りに行ってきた。
今年の遠山水系は梅雨時の災害もなくアマゴの生育が良いようで、短時間の釣行ではあったが数多くのアマゴに遊んでもらった。写真はこの日のアベレージサイズ8寸程度の遠山アマゴ。

TACKLE
HUMP CORPORATION SGS-60
01STELLA2500FW
RayTune Phase type2 50S
RayTune Phase type4 50S

続きを読む >>
2013.07.14 Sunday | 21:57 | アマゴ
下伊那天竜本流
_6150049-2.jpg
ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6
忙しかった設計物件がやっと終了し、気分転換を図りに下伊那天竜本流へ夕まずめ少しだけ釣行。本流アマゴとしては小振りだが26cm程の幅広アマゴに出会えた。約1ヶ月ぶりの釣行だったが気が付けばアマゴのハイシーズンを迎えているようで立派な体高をしている。その割りに頭と尾鰭が小振りで押しの強い流れの中で急成長したと思われる魚体であった。

TACKLE
HUMP CORPORATION SGS-60
01STELLA2500FW
HUMP バルサ FAT65S
ANRES AX-63S
続きを読む >>
2013.06.15 Saturday | 23:27 | アマゴ
遠山夏アマゴ
_7250139.jpg
ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6
関東甲信越地方も7月17日に梅雨が明け、連日猛暑日が続く。この時期になると、長野県の南部に位置する南信濃地域の最高気温も30度を越え(26日の最高気温は36.4度だったそうだ)さすがに標高の低い場所でのアマゴ釣りは厳しい状況になる。
ただ、魚のコンディションは最高に良い時期であり、この日早朝だけの釣行で7寸から8寸程度のアマゴに遊んでもらった後、最後に28cmのアマゴに出会う事ができた。自分にとって天竜本流では割りとこの手のサイズに出会う事はあっても、渓流では今シーズン一番の良型アマゴである。押しの強い遠山らしい体高もあり、筋肉質なアマゴであった。

TACKLE
TENRYU CD50L-4 特注ファーストテーパー
Daiwa EXIST2508 RCS2506スプール
T-Craft StagMode 27TDN-C
HUMP バルサ HIRA 55S

ANRES AX-50S
RayTune Phase type2 50S

続きを読む >>
2012.07.25 Wednesday | 23:36 | アマゴ
梅雨時の晴れ間に
_7110106.jpg
ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6
しばらく梅雨らしい天気が続いたが、ここ二日ばかりは晴れ間があり蒸し暑い。こんな暑い時は源流に涼みに行きたいところであるが、長雨で地盤もゆるみ足場が悪く、落石の危険もあるので、もう少し安全な遠山水系の支流でアマゴ釣り。
写真のアマゴは朝イチで出た25cm程のアマゴ。体高もあり遠山水系らしい綺麗なアマゴであった。
_7110108.jpg
ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6
押しの強い場所で釣れたせいか、体長に比べ尾鰭も立派で美しい。

TACKLE
TENRYU CD50L-4 特注ファーストテーパー
Daiwa EXIST2508 RCS2506スプール
T-Craft StagMode 27TDN-C
RayTune Phase type2 50S  チャートヤマメ
RayTune Phase type1 50S  イワナ
続きを読む >>
2012.07.08 Sunday | 21:22 | アマゴ
梅雨時期の遠山アマゴ
_7030013.jpg
ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6
6月10日に梅雨入りして、しばらくはまとまった降雨も無かった南信地方であるが、6月19日未明にかけて襲来した、季節はずれの台風4号以来梅雨らしい天候が続いて、南アルプス水系の各河川は濁る事が多くなった。今のところ大規模な災害が起きるような降雨は無く、濁りが引きかけるタイミングを見計らえば釣行可能な河川状態が続いている。
上の写真はそんなタイミングで早朝だけ入渓した時の遠山水系のアマゴ。サイズは8寸程度だが体高もあり、コンディションの良いアマゴであった。

TACKLE
TENRYU CD50L-4 特注ファーストテーパー
Daiwa EXIST2508 RCS2506スプール
T-Craft StagMode 27TDN-C
RayTune Phase type2 50S
HUMP バルサ HIRA 55S

続きを読む >>
2012.07.01 Sunday | 21:37 | アマゴ
盛期を迎えつつある遠山アマゴ
アマゴ01.jpg
ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 MACRO
この日は、アマゴ狙いで今シーズン初の遠山釣行。6月に入り遠山水系のアマゴも盛期を迎えつつあるようで、着き場も瀬に出だしており活性も割と高く、多くの遠山アマゴに出会えた一日であった。
アマゴ03.jpg
ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 MACRO
サイズ的には7寸を少し超えたくらいのアマゴばかりであったが、シーズン初期に比べ魚体のコンディションも上がってきている。釣れたどのアマゴも小さい頭に比べ、アンバランスなほど体高がある特長を持っていた。

TACKLE
SMITH TRBX-53MTH
Daiwa EXIST2508 RCS2506スプール
T-Craft StagMode 27TDN-C
HUMP バルサ HIRA 50S
HUMP ハング HIRA55S
ANRES AX-50S
RayTune Performance Replica 5001TD
続きを読む >>
2012.06.03 Sunday | 22:14 | アマゴ
夕まづめの秋アマゴ
南アルプスアマゴ.jpg 
OLYMPUS E-410 ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 MACRO
南アルプス水系のセッパリ秋アマゴ。サイズは26cm程度。

TACKLE
SMITH TRBX-53MTH
Daiwa EXIST2508 RCS2506スプール
RayTune Performance Replica 5001TD
続きを読む >>
2011.09.24 Saturday | 21:09 | アマゴ
下伊那天竜本流の夏アマゴ
_6150872.jpg
OLYMPUS E-410 ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 MACRO
梅雨明けしてから最近雨の日が少なく、地元下伊那天竜川の水況が良くなってきたので、今年始めて自宅前の天竜へ釣行。
今年は6月末から30℃以上の猛暑日が多く、日が昇る前の早朝だけの釣行だったが、美しい朝焼けの中、28cmと本流域としては小さめだが綺麗なアマゴに出会う事が出来た。

TACKLE
HUMP CORPORATION SGS-60
01STELLA FW2500
HUMP バルサ FAT 70S
HUMP M-Revo 70S1
TACKLE HOUSE Buffet 65SD ウエイトチューン
続きを読む >>
2011.07.18 Monday | 21:38 | アマゴ