tag_head.gif
SELECTED ENTRIES
tag_foot.gif
tag_head.gif
ARCHIVES
tag_foot.gif
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
tag_head.gif
MOBILE
tag_foot.gif
qrcode
tag_head.gif
LINKS
tag_foot.gif
tag_head.gif
PROFILE
tag_foot.gif
<< 秋のグリーンバックアマゴ | main | 小坂淡水養殖漁協 >>
燃ゆる秋
遠山ヤマトイワナ29cm
OLYMPUS E-410 ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 MACRO
遠山ヤマトイワナ29cm2
OLYMPUS E-410 ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 MACRO
遠山ヤマトイワナ3
OLYMPUS E-410 ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 MACRO
07年の最終日、遠山川へ釣行。この日はあいにく朝から雨が降り、先日までの残暑が嘘のように非常に寒い日で、魚の活性もイマイチだった。
早朝は20cm位のイワナがぽつぽつと釣れる程度でしかなく、だんだん雨脚も強くなり、水の色も茶色に濁りだし、コンディションは悪くなる一方。最終日の日曜日を楽しみにしていた遠方からの釣り人達も、あきらめて帰り出す始末。
川のコンディションは悪い状態であったが、自分は地元という事もありのんびりと休みながら、今シーズン最後の釣行を楽しんだ。
午後になり少しずつ雨脚も弱まり、濁りが引きかけた夕まずめにドラマが待っていた。
まず、新型のレイチューンミノーでグッドコンディションのイワナが釣れ、それから、27cm〜29cmのイワナが連発。残念ながら尺上は釣なかったが、どのイワナもまさに秋色のイワナばかりで綺麗であった。
ただ、本流だけに、幾分ニッコウが混じったようなイワナであった。
この日は非常に寒い上に、転倒して膝を強打し、おまけに漆にかぶれるとさんざんの日であったが、
最後まで残っていた自分に、ペアリングを控えて身重な体の魚達が「こんなしつこい奴がいるんじゃしょうがないな〜」と、最後の最後に遊んでくれたような気がした。
手早く撮影した後は、釣れた元の場所へリリースし、幸いな事にみんな元気に川へ帰っていってくれた。
後は何事もなく、無事子孫を残してくれる事を祈るばかりである。
年々魚たちにとって環境は厳しくなる一方であるが、来年もまた私たち釣り人を楽しませてくれる事を祈って、今シーズン最後の釣行を終了した。
TACKLE
HUMP CORPORATION SGS-60
Daiwa EXIST2508 RCS2506スプール
HUMP バルサ FAT50S HIRA55S
ANRES AX-50S
RayTune バルサ TT50TF FAT 
2007.09.30 Sunday | 22:33 | 交配種イワナ