tag_head.gif
SELECTED ENTRIES
tag_foot.gif
tag_head.gif
ARCHIVES
tag_foot.gif
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
tag_head.gif
MOBILE
tag_foot.gif
qrcode
tag_head.gif
LINKS
tag_foot.gif
tag_head.gif
PROFILE
tag_foot.gif
<< 凍てつく霧滴 | main | ランドロックのサツキマス >>
2012/first fish

_2160153-1.jpg
OLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 Mモード撮影
2月16日、気が付けば中部地方内水面の解禁日。昨年の11月からほとんど休みもなく、仕事やらなにやらでバタバタしているが、精神衛生上よろしくないと自分勝手な理由をつけ、今年初の釣行にとある湖へ行ってきた。
上の写真は今年の「second fish」
サイズは尺上程度でランドロックのサクラマスと呼ぶには小振りであり、成長途中の銀毛ヤマメといったところか。
まだ時期的にハイシーズンではないのでスリムな魚体をしているが、美しい銀鱗をまとった魚であった。

TACKLE
HUMP CORPORATION SGS-68
07STELLA2500
HUMP バルサ 90F 夜光貝
HUMP バルサ L型70 type S

_2160198-1.jpg
OLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 Mモード撮影
軽くふれただけでポロポロと剥がれる銀色の鱗。水につかっている部分はまるで鏡のように湖の水色が写し出されている。
(この湖で撮影した過去の写真はこちら

「second fish?」
タイトルに「first fish」と書きながら、写真や文中では「second fish」の事しか触れてない。じゃあfirst fishは?となるが、実のところfirst fishの写真は無い。
この日はまだ薄暗い時間帯にポイントに入り、キャスト開始早々5投目くらいで40cmくらいのサクラマスが釣れてしまった。
いつもならすぐに撮影をするのだが、辺りはまだまだ薄暗く、撮影するには明らかに光量不足。仕方なくネットキープして明るくなってから撮影しようと考えキャストを再開。しばらくすると写真の銀毛ヤマメがヒット。感覚で最初の魚より引きが軽い事もあったし、さっきの魚もランディングネットに入れてあるからネットの近くへズリ上げるか...と考えながらランディングネットの方へ近づくと、キープしてあった筈の魚がいない!...どうもネットを押さえていた石の間から脱走されてしまったようだ。
一応写真の通り銀毛ヤマメは無事キャッチ出来たが、替わりにネットに納まったのはサイズダウンした魚...
解禁早々幸先が良いんだか悪いんだか判らない間抜けな話しであるが、「逃がした魚は大きかった」と、釣り人がよく言う話の顛末でした。
2012.02.16 Thursday | 23:12 | ランドロック