tag_head.gif
SELECTED ENTRIES
tag_foot.gif
tag_head.gif
ARCHIVES
tag_foot.gif
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
tag_head.gif
MOBILE
tag_foot.gif
qrcode
tag_head.gif
LINKS
tag_foot.gif
tag_head.gif
PROFILE
tag_foot.gif
<< 老齢な遠山イワナ | main | 魚游 >>
少し寄り道
_B040019.jpg
ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6
連休の最終日、南信濃の丸西屋さんへ新蕎麦を食べに行ってきた。風味豊かな玄挽蕎麦と上手に揚がった天ぷら、ほどよい甘さのだし巻き卵を美味しくいただいた後、少し寄り道をして遠山川の様子を見に行ってきた。
今年は9月に台風18号が飯田下伊那地方を通過し、南アルプスではかなりの降雨で本流域や各支流では渓相が大きく変わったと話は聞いていたが、実際目にしてみると河川の流れが大きく変わっていたり、淵が埋まってしまっている場所があり、また遠山川と上村川出会いの発電取水ダムでは新たな堆砂が確認された。
これだけ渓相が変わった事を見ると、出水や流砂による水生生物への影響も懸念されるが、近年こういった出水が発生した後も、数年かけて徐々に回復していく事も確認できているので、河川が本来持つ生命力に期待したいとは思っている。
上の写真は遠山水系のある支流に流れ込む小滝。
_B040013.jpg
ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6
この小滝は数年前にも撮影した事があるがもっと苔生した滝であった。 最近見ていなかったので今回の台風の影響で苔が剥がれたのかは不明。
_B040038.jpg
ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 AEL撮影
本流域のカエデ科の群生地。
_B040032.jpg
ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 AEL撮影
ちょうど谷の隙間から夕日が差し、色づいたカエデの葉が赤く照らされていた。
_B040030.jpg
ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6
本流域対岸の黄葉。黄色く葉が色づいている事と幹の感じから恐らくブナ科の樹木と思われる。
遠山水系の下流域の紅葉はまだこれからといった感じであるが、もっと標高の高い本谷流域や源流域はちょうど今頃が紅葉の見頃ではないだろうか。
2013.11.04 Monday | 22:26 | 自然