tag_head.gif
SELECTED ENTRIES
tag_foot.gif
tag_head.gif
ARCHIVES
tag_foot.gif
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
tag_head.gif
MOBILE
tag_foot.gif
qrcode
tag_head.gif
LINKS
tag_foot.gif
tag_head.gif
PROFILE
tag_foot.gif
<< 遠山川のヤマトイワナ | main | 苔のある風景 >>
カジカのお引っ越し
_9250108-001.jpg
OLYMPUS E-410 ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 MACRO
地元のとある河川で改修工事が行われる事になり、河川の水を迂回させ本来ある流れが干上がるため、水生生物の引っ越しを地元の仲間と工事業者で行った。上の写真は干上がった河川から採取した4寸程のカジカ。
その他にアマゴ、イワナもいたが数は少なく、魚類では河川底に居着くカジカの採取がメインとなった。(アマゴやイワナは水が引いていくと案外下流に落ちたり、自ら這って登ったりして身を守るみたいですね)
_9250085-001.jpg
OLYMPUS E-410 ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 MACRO
これも干上がった場所で採取したコオニヤンマのヤゴ。自分が子供の頃から見ていた細長いヤゴとは外見が大きく異なり今回初めて知り合いから教えてもらった。大きさは13mm程度と小さく、このヤゴが将来10cm近いトンボになるとはちょっと信じられない。
_9250148-001.jpg
OLYMPUS E-410 ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 MACRO
これも同じ工事区間で採取された4寸ほどのカジカ。上の写真のカジカと違って色が白い。恐らく身を守るため擬態をしていると思われる。
_9250156-001.jpg
OLYMPUS E-410 ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 MACRO
カジカの顔のアップ写真。口と頭が大きくてちょっとグロテスクな外見をしているが、これでも(ちょっとカジカに失礼?)綺麗な水にしか生息しないので、河川環境状態を判断する生物指標にもなっている貴重な魚だ。警戒心も薄く割りとおっとりした性格で、顔だってよ〜く見ると目元がくりっとしていて愛嬌があり可愛い魚だと感じてしまう。
_9250139-001.jpg
OLYMPUS E-410 ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 MACRO
上の写真は採取したカジカを工事区間から外れた場所に再放流する前に数尾ピックアップして撮影したもの。同じ河川の同じ区間で採取された同一種にもかかわらず、底石の色に擬態するため各カジカごとこれだけ色合いが違う。
2009.09.25 Friday | 22:55 | カジカ