tag_head.gif
SELECTED ENTRIES
tag_foot.gif
tag_head.gif
ARCHIVES
tag_foot.gif
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
tag_head.gif
MOBILE
tag_foot.gif
qrcode
tag_head.gif
LINKS
tag_foot.gif
tag_head.gif
PROFILE
tag_foot.gif
<< 雪の遠山川 | main | グリーンバックの魚たち >>
鱒の森
 鱒の森創刊号
OLYMPUS E-410 ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6
昨年、惜しまれつつ休刊となった「Troutist」であるが、出版社が廣済堂から釣り人社へ変わって、「鱒の森」として新たに創刊された。この創刊号にモノクロページであるが、自分が書いたフィールドレポートが掲載されている。
この時の釣行写真等はこちら
 湖沼型サクラからダムを考えた
OLYMPUS E-410 ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6
タイトルは「湖沼型サクラからダムを考えた」〜写真も全て自分が撮影したものである。
記事の内容は、今回の特集がサクラマスという話しであったので、自分が住む中部地方のランドロックのサクラマスを取り上げてみた。もちろん釣り雑誌であるため、釣行レポートでの記事になっているが、実際のところ釣行レポートは全体の1/3程度で、その他は、天竜川流域のダムが抱える諸問題の現実について触れている。(タックル紹介でラインが10lbとヘビーになっているが、これは前週に九頭竜サクラ釣行へ行っていたため、ラインがもったいないのでそのまま釣行したためである。)
読まれた方は、おおよそ釣り雑誌とは、かけ離れた内容になっていると思われるかもしれないが、この内容は今後この天竜川流域ばかりでなく、他の河川でも起こりうる問題であり、これに我々がどのように考え、行動していくか?といった問題提起の意図を込めて書いている。
今回のダム問題は天竜川流域に特化して書いてあるが、もしかするとこれを読まれている、あなたが大好きな河川にもこういった問題が起きているかもしれない。そう考えると、全国的にテストケースになる「天竜川ダム再編事業」は天竜川流域に住む我々ばかりでなく、日本全国の方々が見守っていかなければならないと考えている。ちなみに富山県黒部川では、流程は短いが、この「天竜川ダム再編事業」と同じような事がすでに行われている。私自身もそうであるが、興味のある方は黒部川流域の、現在の環境への影響を調べてみて頂ければと思う。
2009.01.27 Tuesday | 17:48 | 書籍紹介