tag_head.gif
SELECTED ENTRIES
tag_foot.gif
tag_head.gif
ARCHIVES
tag_foot.gif
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
tag_head.gif
MOBILE
tag_foot.gif
qrcode
tag_head.gif
LINKS
tag_foot.gif
tag_head.gif
PROFILE
tag_foot.gif
グリーンバックのアマゴ
 グリーンバックアマゴ
OLYMPUS E-410 ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 MACRO
先週に確定申告や仕事を終わらし、友人のT氏に誘われ日本海へ釣りに行ってきた。残念ながら海での釣りでは本命魚に出会う事は出来なかった。(ちなみに海での釣果はちびクロソイ、ちびメバル等で最大魚は、やってくれましたのマルタウグイ...笑。でも山国育ちの自分にとって初めて見たホタルイカは神秘的で綺麗だった)その帰りの夕まづめにとある湖に寄り、小振りな銀毛の魚に出会えた。釣り上げた直後に撮影したので変色前の見事なグリーンバックをしている。
グリーンバックアマゴ
OLYMPUS E-410 ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 MACRO
写真では非常に分かりにくいかもしれないが、僅かながら朱点が確認出来、銀毛のアマゴと思われる。
TACKLE
HUMP CORPORATION SGS-68
07STELLA2500
T-Craft StagMode 4012TDN
HUMP バルサ S型80夜光貝貼り type S
2010.03.16 Tuesday | 20:33 | ランドロック
銀鱗の魚体
 サクラ01
OLYMPUS E-410 ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6
早朝氷点下5度程度の気温の中、コンディションの良いサクラマスに出会えた。
サクラ02
OLYMPUS E-410 ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6
サイズは42cmとこのくらいあればランドロックのサクラマスと呼んで良いだろう。40cmを越えてくると、まだベイトの捕食が活発でないこの時期でもそれなりに体高がある。
TACKLE
HUMP CORPORATION SGS-68
07STELLA2500
T-Craft StagMode 4012TDN
HUMP バルサ S型70夜光貝貼り type S
HUMP バルサ ファット80Sサザエ貼り他
続きを読む >>
2010.02.20 Saturday | 23:35 | ランドロック
2010/first fish
 サクラ01
OLYMPUS E-410 ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6
今年もスタートした中部地方の内水面の解禁日。銀鱗が美しいランドロックサクラマスに出会えた。36cmと正直寂しいサイズで分類的にはサクラマスになるのだろうが、どちらかというと成長途中の銀毛ヤマメと言ったところか。
サクラ02
OLYMPUS E-410 ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6
今年は魚にとってシーズンインが早かったのか、割とスリムな魚体をしていた。まだベイトフィッシュの補食が十分ではないのであろう。
TACKLE
HUMP CORPORATION SGS-68
07STELLA2500
T-Craft StagMode 4012TDN
HUMP バルサ S型70夜光貝 type S 他
サスケドボンSP 夜光貝キビナゴ筋S字82
続きを読む >>
2010.02.16 Tuesday | 22:12 | ランドロック
高山のランドロック銀毛アマゴ
 ランドロック尺アマゴ1
OLYMPUS E-410 ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 MACRO
標高の高い地域にあるバックウォーターの銀毛アマゴ。背中の色はグリーン色。
ランドロック尺アマゴ2
OLYMPUS E-410 ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 MACRO
サイズは32cm。この湖は5月中旬だというのに、水温は10度を切る。このため銀毛の鱗もボロボロと剥がれやすい魚体をしていた。
TACKLE
HUMP CORPORATION SGS-68
07STELLA2500 F8スプール
HUMP バルサ FAT70S 




2009.05.14 Thursday | 22:59 | ランドロック
雨の日のランドロック
 ブラウン1
OLYMPUS E-410 ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 MACRO
例年なら4月にもなると遠山川か、本流域へ繰り出すのだが、今年は仕事の都合上、遠山郷と反対方向へ行く事が多く、仕事終わりに湖を訪れる機会が多い。そんな訳でこの日も、とある湖を訪れた。
雨の中、日中という事もあったろうが、釣り人は自分1人。貸し切り状態でキャスティングを行っていると、表層でドスンという当たり。ドラグがギギギと鳴く中、やりとりをして寄せてくると、グッドサイズのブラウントラウト。無事ランディングをして計測してみると、サイズは47cm。
この時期、この湖を訪れる事が少ない自分にとっては、なじみの薄い魚とサイズだ。
ブラウン2
OLYMPUS E-410 ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 MACRO
今年の3月末に釣り上げたブラウンと比べると、口先がとがっており、下あごも伸びてカッコイイ顔つきをしている。おそらく雄なのであろう。
魚体はエラの当たりから測線付近にかけて、何とも言えない美しいブルー色にまとわれている。
TACKLE
HUMP CORPORATION SGS-68
07STELLA2500
HUMP バルサ FAT80Sアワビ貼り

続きを読む >>
2009.04.21 Tuesday | 22:30 | ランドロック
スモルト
 スモルト1
OLYMPUS E-410 ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 MACRO
新しい止水用バルサミノーのテストを兼ねてとある湖へ早朝だけ釣行。
朝イチで無き尺程度の銀毛ヤマメに出会えた。
測線から下の水に浸かっている部分の銀毛の鱗は、まるでアルミを鏡面加工したように見える。
スモルト2
OLYMPUS E-410 ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 MACRO
銀毛した鱗はほんの少しさわっただけで、ボロボロと剥がれてくる。
お分かりだろうか、水に浸かっている部分の鱗にネットが写り込んでいる。
TACKLE
HUMP CORPORATION SGS-68
07STELLA2500
HUMP バルサ FAT80Sアワビ貼り

続きを読む >>
2009.04.08 Wednesday | 21:06 | ランドロック
湖で釣りをしていると時にはこんな魚が
 銀毛のブラウン1
OLYMPUS E-410 ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 MACRO
普段とは多少趣の違う魚種の写真。湖で釣りをしていると、イワナ、ヤマメ、アマゴばかりでなく、時にはこんな魚にも出会う事がある...
もうすぐ4月になるというのに列島を寒波が襲い、小雪がちらつく中、とある湖へ早朝のみ釣行。
連日深夜遅くまで仕事をしていたため、朝寝坊をしてしまい、当初予定していたポイントには先行者がいて、既にキャスティングをしていた。あらためて湖をまわって、良さげなポイントを見定め、自分もキャスティングを開始。数投目で上の写真のブラウントラウトに出会えた。写真では分かりにくいかもしれないが、見事に銀毛した魚体をしている。サイズ的には40cmジャストといったところで、過去70upのブラウンが上がっているこの湖では小型の部類に入るだろう。ただ意外と尾鰭が大きく、中々のファイトを見せてくれた。顔つきを見ると恐らく雌だろう。
本来ブラウンはいわゆる居着きの魚と言われているが、銀毛したブラウンは回遊性が強いと言われている。
銀毛のブラウン2
OLYMPUS E-410 ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 MACRO
ブラウントラウトといえば、近年は管理釣り場でもお目にかかれ、それほど珍しい魚ではなくなったが、自分が中学生から高校生頃は(今から20年以上前かな?)当然管理釣り場なんてものは無く、ブラウンは本栖湖、中禅寺湖が有名であった。特に創刊されたばかりの雑誌「アングリング」に本栖湖のモンスターブラウンの記事が掲載され、いつかはこんな魚を釣ってみたいと憧れたものだ。現在でも初期のコアな時代のアングリングは創刊号から大切に保存してある。そういえば九頭竜の二尺ヤマメ(サクラマス)なんて記事もあった。
ちょうどその頃、地元の湖にブラウンの生息が確認され、(恐らく密放流だったろう)自転車や、バイクで通い、フローティングのラパラや村瀬ミノーで釣り上げた。そんなこんなで、自分にとってこの魚は、ミノーイングでのトラウトフィッシングの虜になるきっかけとなった思い出の魚である。(現在その湖ではブラウンの生息は確認されていない)
TACKLE
HUMP CORPORATION SGS-68
07STELLA2500
HUMP バルサ FAT80S
2009.03.26 Thursday | 20:41 | ランドロック
金色のヤマトイワナ
 金色のヤマトイワナ1
OLYMPUS E-410 ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 MACRO
仕事の都合でとある湖の近くまで来たので、空いた時間を使って竿を出す。
日中のぽかぽか陽気の中、のんびりとキャスティングをしていると、ランドロックのヤマトイワナに出会えた。サイズ的には3月1日に釣り上げたヤマトイワナとほぼ同じ40cm程度。日中の光の反射で、魚体の鱗が金色に輝いている。
金色のヤマトイワナ2
OLYMPUS E-410 ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 MACRO
精悍な顔つきを見ると、前回同様雄のようだ。
TACKLE
HUMP CORPORATION SGS-68
07STELLA2500
HUMP バルサ FAT80S
続きを読む >>
2009.03.12 Thursday | 20:21 | ランドロック
ランドロックのヤマトイワナ
40upランドロックヤマトイワナ2 
OLYMPUS E-410 ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 MACRO
3月1日は地元の(と言っても自宅から1時間30分かかるが...)遠山川解禁日。
多くの釣り人が遠山に入ったと思われるが、自分はこの時期コンディションの良い魚を求め、とある湖へ釣行。
いつも単独釣行が多い自分であるが、この日は愛知県の友人O氏と釣行した。
早朝から冷え込み非常に厳しいコンディションの中、夕まづめの時間帯に、ヤマトイワナでは初の40cm超えとなるイワナに出会えた。(ネットが本流用40cmジャストのネットなので魚の大きさが、お分かりになるだろう)
40upランドロックヤマトイワナ1
OLYMPUS E-410 ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 MACRO
ここの湖としては、まだシーズン初期で、ベイトフィッシュの接岸は確認出来なかったが、それでも体高がありカッコイイ、ボリューム感のある雄イワナであった。写真では分かりにくいかもしれないが、側腹の朱点も多少ピンクがかっており、何とも言えない美しい色合いが出ている。
TACKLE
HUMP CORPORATION SGS-68
07STELLA2500
SMITH D CONTACT 85
続きを読む >>
2009.03.01 Sunday | 21:59 | ランドロック
グリーンバックの魚たち
 銀毛のヤマメアマゴ1
OLYMPUS E-410 ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 MACRO
長野県内の多くの内水面漁協が2月16日に解禁して以来、仕事の関係で中々釣行に行けなかったが、仕事の出張ついでに少し足をのばし、とある湖へ釣行。(あくまで仕事がメインです!)
銀毛のヤマメアマゴ2
OLYMPUS E-410 ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 MACRO
釣行時間帯があまり良くなかったので、大型魚は期待薄と考えていたが、その代わり綺麗な銀鱗にまとわれた、かわいい銀毛の魚に出会えた。
サイズは泣き尺程度、今シーズンのファーストフィッシュである。
写真では多少わかりにくいが、上側の魚が銀毛のヤマメ、下側の魚は銀毛のアマゴである。
下側の魚には測線から背中にかけて薄っすらと朱点が確認できる。
TACKLE
HUMP CORPORATION SGS-68
07STELLA2500 F8スプール
HUMPバルサ90Sアワビ貼り
続きを読む >>
2009.02.26 Thursday | 22:20 | ランドロック
パーが残ったランドロック「メタボ」アマゴ
薄パーランドロックのアマゴ28cm
OLYMPUS E-410 ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 MACRO
3月26日と同じ湖、薄くパーマークが残るランドロックのアマゴ。ベイトフィッシュが多いこの時期の湖だけあって、体高があり、ボリューム感のある「メタボ気味」な魚体をしている。
TACKLE
HUMP CORPORATION SGS-68
07STELLA2500
HUMP バルサ 70S FAT
2008.04.13 Sunday | 12:07 | ランドロック
銀毛のアマゴ
尺上銀毛アマゴ
OLYMPUS E-410 ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6
前回までとは違う湖の尺上ランドロックアマゴ。見事に銀毛している。一応サツキに分類されるのかもしれないが、
サイズがイマイチだったため、自分の中では銀毛のアマゴとしておいた。夕まずめだったためストロボ撮影。
TACKLE
HUMP CORPORATION SGS-68
07STELLA2500
HUMP バルサ 70Sスリム
2008.03.26 Wednesday | 23:06 | ランドロック
今回は・・・
サクラ47+サツキ43×2
OLYMPUS E-410 ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6
今回は晴れてくれた。今年はその時々のベストコンディションの魚を釣る事に取り組んでいる。上は今シーズの最大サイズサクラ47cm下はサツキ43cm。
銀色の魚体がまぶしい。
サクラ47+サツキ43×2-2
OLYMPUS E-410 ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6
サクラはもちろんだが40upのサツキに出会えたことは嬉しい。
撮影したカメラは昨年から使用しているOLYMPUS E-410であるが、レンズはE-410レンズキットを購入した時に付いてきた、ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6で撮影している。
本来単焦点のレンズを好む自分であるため、今までほとんど出番が無かった。
AFズームレンズということでスナップ用に使うつもりでいたが、25cmまでよれるレンズなので一度魚の写真撮影を試してみたいと思っていた。
撮影してみて思ったが、価格の割に、絞ればキリッとした非常に良い描写をするレンズである。大型魚で硬質なイメージの銀毛サクラ、サツキには非常に合ったレンズだと思う。
TACKLE
HUMP CORPORATION SGS-68
07STELLA2500
HUMP バルサ 90S 70Sスリム
2008.03.07 Friday | 22:42 | ランドロック
前回同様・・・
サクラ45.5+43
OLYMPUS E-410 ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6
前回同様雪にたたられたが、グッドコンディションのサクラに巡り会えた。
サクラ45.5+43cm2
サイズ的には前回と同様であるが、この他にも尺上の銀毛ヤマメが何本か釣れた。
TACKLE
HUMP CORPORATION SGS-68
07STELLA2500
HUMP バルサ 90S・70S hira
続きを読む >>
2008.03.01 Saturday | 22:20 | ランドロック
08/first fish
08 first fish
OLYMPUS E-410 ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6
雪の中で今年の初釣果。45upと43upのランドロックサクラマス
08 first fish2
OLYMPUS E-410 ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6
ランドロックでありながら、意外と尾鰭が立派だ。
08 first fish3
OLYMPUS E-410 ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6
こうしてみると、アルミ素材の安いネットであるが、アルミの色合いや質感が、銀毛に合っていると感じた。
TACKLE
HUMP CORPORATION SGS-68
07STELLA2500
HUMP バルサ 90S 他  
2008.02.26 Tuesday | 21:38 | ランドロック